1st 05 - 2014 | no comment »

住宅ローンと配偶者のキャッシング

キャッシングもローンも未経験でも、住宅ローンの審査にパスできない場合があります。世帯を同じくしている人のキャッシング金額や、過去の利用歴に原因がある時などです。しかし、配偶者のキャッシング利用歴は、状況によっては審査には影響がない場合も少なくありません。一体どんな条件で、審査に関与してくるのでしょう。配偶者が連帯債務者になる場合です。住宅ローンの債務者が本人だけである場合は、配偶者のキャッシング利用歴が問われることもなく、審査にも無関係です。ですが、夫婦で住宅ローンの返済を行うという取り決めにした場合、2人両方のキャッシング状況が問われます。配偶者と共に住宅ローンを返していくのであれば、片方が債務者、もう片方が連帯債務者という形を取ることになります。住宅ローンの審査では、連帯債務者の信用状況についても調べることになります。キャッシング履歴があったとしても、遅延やトラブルなどなく全額返済されていれば、主たる債務者と同様に問題にはならないようです。クレジットカードの利用上限額は、キャッシングの借金と似たような存在だといいます。かつては、クレジットカードをキャッシングに使っていたために住宅ローンの審査に通らなかったという人もいましたが、この頃はかなりゆるくなりました。


21st 04 - 2014 | no comment »

住宅ローンを組む前にキャッシングについてすること

キャッシングの利用歴がある人は、住宅ローンの申込みをしても審査に通らないというのは本当でしょうか。実際はそんなことは無いようです。過去に滞納がなく完済していればOKという住宅ローンもあります。住宅ローンによって、今はどことも契約をしていなければOKとするところもあります。キャッシングの形によっては、一旦お金を返し終わっていても、その後何度でも使える状態になっていることもあります。そのことが、住宅ローンの信用に影響を及ぼすこともあるようです。毎月の返済日までに契約に基づいた返済金額が支払われるかが、住宅ローンの審査では最も重用視されているようです。返済を滞らせずにきちんと返し終わったかがポイントです。申請する住宅ローンの審査基準によって異なってくる部分ですので注意が必要です。住宅ローンの審査は、申込みを受けた銀行ではなくその銀行に連なる保障会社が扱っています。信用情報の管理をしている信用情報会社に照会をして、保障会社はその人の詳しい審査をします。審査では、銀行がどこまで突っ込んで情報を集めるかというより、信用情報会社にある記録の内容に注目すべきでしょう。記録は消すことはできないのでキャッシング残高があるのなら、住宅ローン申請前に総て完済し加えてキャッシング契約を解いておくとよいでしょう。


20th 04 - 2014 | no comment »

住宅ローンをとキャッシングの関係

住宅ローンは審査をパスしなければ利用できません。キャッシングを使ってお金を借りたことがあるということは、審査の結果に関与するのでしょうか。ずばり指摘するなら、キャッシングの利用履歴は審査項目に含まれます。キャッシングを使ったことと、住宅ローンの審査は、どんな形で影響するものでしょう。住宅ローンにしろキャッシングにしろ、どちらも他人から借金をしていることになります。審査のシステム、借りられる期間と金額の違い、目的が決まっている等の違いはありますがお金を借りるシステムであることにかわりはありません。キャッシングは借りやすく、申込みの手続きも簡単なものです。その点、住宅ローンは年収や勤続年数などによっては審査を通らない可能性もあるといいます。キャッシングを使っているという事実は、その人が借金があることを示しています。住宅ローンの審査の際、返済に関しての信頼度が下がることになります。年収が十分にあり、どちらも同時進行で返済可能であったとしても、キャッシングしている事実は審査の妨げになりえます。キャッシングをしたことがあっても、完済している場合はどうでしょうか。完済していても、借り入れの履歴は5年間残ります。キャッシングを使ったことがあるというだけで住宅ローン審査を通過できないこともあるので要注意です。


15th 04 - 2014 | no comment »

住宅ローン以外の減税

住宅ローン減税は住宅の購入を考えている人や、これからローンを支払う人にとってとてもありがたい税制度となっています。住宅ローンに頼らず家を購入したという人や、もう家を買っているなら控除対象になりません。また、住宅ローン減税は住居に対する減税となっているため、土地だけ買っても控除対象にはなりません。家は現金で買い、土地はローンで購入している場合も基本的には住宅ローン減税は使えません。控除の内容は、担保など貸し付け条件によって制限が加わる場合もあります。ただ住宅を買わない人でも増改築であれば、違う形で減税の恩恵を受けることができます。省エネ改築など、減税対象となるためには細かな条件が定められており、条件の何パターンがあります。この減税は太陽光発電パネルをつけたり、家屋の断熱力を高めたり窓を作り直すなどで冷暖房費を安くできそうな時に適用されるものです。住居のバリアフリー化を行う時も、減税することが可能です。増改築に費やした金額の10%(最大金額200万円)が控除金額となりますが、両方行った時はどちらか一方のみとなります。この他にも、今後住居の増改築を考えている人によっては有用になるかもしれない減税措置が、税制改革の影響で定められています。減税の条件など気になることがあるときには、もよりの税務署で確認するようにしましょう。サラ金<<低金利で安心今日から借りれる銀行系カードローン>>


14th 04 - 2014 | no comment »

住宅ローン減税とは

日本の景気経済は刻一刻と変わっていきます。変動の激しい情勢下で家を買う人を支援すべく、住宅ローン減税が定められています。不況は日本だけでなく、リーマンショックのため全世界が影響を受けています。日本区内で、需要が低くものが売れないことは、問題とされています。日本の政府は平成19年から経済のテコ入れ策の一環として住宅ローンの減税を改定しました。以前にも増して、より住宅が購入しやすくなりました。10年で160万円という金額が今までの減税額であり、控除対象となる税金は所得税のみとなっていました。控除率も違っており、1年目~6年目はローン残高の1%、7~10年目までは0.5%でしたが、この点が大きく見直されました。見直された住宅ローン減税では、平成22年度の段階では、控除額は最大額で600万円という数字になっています。税率も一般住宅で10年間一律1%、所得税から控除しきれなかった分は翌年の住民税からも控除されるなど、改定前よりさらに充実した内容になりました。基本的に、所得税と住民税をたくさん納めており、ローン利用額が高い人ほど、住宅ローン減税の控除額が高くなるように作られています。法の改定をきっかけに、思い切って自分の家の購入を考えてみるのもいいチャンスかもしれません。住宅ローン減税が見直されたといっても、毎月のローンの返済は欠かさず求められます。将来の見通しをしっかり立てた上で、住宅ローン減税を上手に利用した返済プランを立てられるようにしてください。


13th 04 - 2014 | no comment »

長期優良住宅のローン減税

住宅ローン減税をきっかけに家の購入を考えるのであれば、ぜひ長期優良住宅の購入も検討してみてください。住宅ローン減税の有利な点を十分に活かすことができる点が、長期優良住宅の利点です。耐久性が強い点が長期優良住宅のアピールポイントであり、200年住宅とも呼ばれています。地震に対して持ち堪える性能だけでなく、バリアフリーや省エネにも優れた、グレードの高い物件です。住宅ローンの融資をうまく使えば、費用の支払い負担を小分けにすることができます。金額はやや高くなりますが、その点のフォローはできなくはありません。住宅ローン減税によって実質的な負担金を減らすことができますので、家計への影響も軽減できます。住宅ローン減税は、控除額が最も多い場合で600万円です。しかし平成22年に買った長期優良住宅だけが該当する可能性があります。もしもこれが一般の家であれば、長期優良住宅と違って最大500万円の控除しか受けられません。控除の割合も長期優良住宅は平成21年から向こう3年間は1.2%で、普通の住宅の1%よりも優遇されていることがわかります。国は長期優良住宅をバックアップしていく方針であり、基準を満たすことで長期優良住宅と認められます。高齢者は増加の一途を辿り、大地震がいつどこで起きてもおかしくないこの国では、バリアフリーや耐震設備を整えた住宅に住むことは大きな意味を持ちます。住宅ローン減税の特別優遇も、これから新築する家はできるだけ長期優良住宅にしてほしい国からの願いでもあるのです。


10th 04 - 2014 | 1 comment »

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報